読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス1年生。

2015年6月からフランスでの赴任生活が始まりました。

だまし絵とだまし改札(Lyon観光-1 ;2015.9.19-20)

私たちにとっては早起きでも、恐らく世間の観光客は私たちをぐうたらと呼ぶだろう…笑
今日はフランス第二の都市、リヨンを目指す。

 

f:id:megself:20160122184130j:plain
リヨン名物のスイーツらしい

 

同僚たちが口を揃えて「リヨンは外せないよね。日帰りでも行ける距離だけどせっかくだから1泊したほうが絶対いいよ!」と。

(私はガイドブックを持っていないが)私が住むオートサヴォア近郊の街で紹介されているのはリヨンとアヌシー。リヨンは食の街として有名みたいだ。

私も友達が遊びに来てくれた9月までの間、出張ばかりしていて遊びにいく時間も元気も無く、どこに連れて行けばいいのかさっぱりわからなかった。

結果、職場の友達にアドバイスを求めリヨンに行くことになったのだがこれが大正解。本当に行ってよかった。もっと調べていけばもっと楽しかっただろうなぁ。

遠くまで来てくれた友達にこの場を借りて謝ります。ぐうたらでごめんなさい。笑

  

さて、リヨンは私の住む町から(フランス人が運転すれば)車で2hほどの距離。

ホテルはPerrache駅から歩いてすぐのBudgetホテル。直前で予約したのでホテルで保有している駐車場は既に満杯で駅にある駐車場を使うことになった。(仕方ないけど高いね…)

 

チェックインを済ませ早速散策に出かける。

ぶらぶら歩いていたら素敵なスカーフを見つけた。どうやらミュージアムショップのようだ。

入り口で「ミュージアムショップだけ行きたいんだけど入れてくれない?」と頼むと

「美術館見ないの?本気?今日は無料だよ」と。

 

なんですって~~!前述の通り、全くの予備知識がなかったのだが、たまたまこの週末は全ての美術館が無料開放される週だった。(だからホテル探しに少し苦労したのね)

それならもちろん!と喜んで美術館の中へ。 その美術館は「リヨン織物装飾芸術博物館 」というリヨンでも一番人気の美術館だった。

リヨンは織物技術が高いことで有名らしい。うーん知らないことばっかり。

そしてだからあのスカーフが素敵だったのね~。

美術館を見学した後、つい高かったけど2枚も買ってしまった。

 

全部の美術館が無料開放中と聞き、安心して気になった場所には足を運べることになった。

美術館といえば、最低でも10ユーロくらいは取られるので、それが無料なのは嬉しい。

他にもリヨンは人形劇が有名らしく、翌日はそれらを展示しているガダーニュ博物館にも行った。

 

f:id:megself:20160122183801j:plain
ベルクール広場。いい天気!

 

市内観光の地図も何も持っていなかったのでgoogle先生に道を聞きながら歩く。

なんとなく大きな広場に出た。ベルクール広場というらしい。遠くに大聖堂も見える。

広場の一角にあるツーリストインフォメーションで地図をGet、行きたいと思っていただまし絵の場所を教えてもらう。少し町外れにあるようだ。

地下鉄の駅で1日乗車券を購入し目的のHenon駅を目指す。

 

 

ここで自分でもびっくりするようなミスをしてしまった。

駅を降り改札を通るときに、ついクセで改札ゲートに設けてあった穴に切符を入れてしまったのだ!日本で言う自動改札に切符を入れたつもりが、それは単なるゴミ箱だった!!

まじ~~!今買ったばっかりなんだけどぉ!

他には近くでいちゃつく子供カップル(多分中学生)しか居ない。仕方なくいちゃいちゃしているところに割って入り、助けを求めた。

 

f:id:megself:20160122183712j:plain
よく見ればゴミ箱マークだけども…

 

私は買ったばかりの切符だということ、このゴミ箱から切符を取り出して欲しいことを駅員に伝えたい、助けてもらえないかということを話した。男の子はどう見ても面倒くさがっている様子で、切符はまた買えば良いとかそんなことを言う。

 

彼女は全く英語を話さなかったが、私が何をお願いしているのかは理解しているようで助けてあげなよ的なことを話してくれた(みたい)。

ここまで来てようやく動かざること山の如し!だった彼も駅員の場所まで連れていってくれた。

駅員はフランス語しか話さないかもしれないので彼が顛末を説明してくれると思ったら全然。まぁひとごとだしね。いちゃいちゃ邪魔されたしね。笑

 

通じるか判らないと思いつつ、買ったばかりの一日乗車券を改札の穴に間違えて入れてしまったと駅員に伝えると「場所覚えてる?鍵持ってるから一緒に行こう」と言ってくれた。(良かった、英語話せる人で)

 f:id:megself:20160122183822j:plain
無事に一日乗車券を取り戻せた。あーよかった。

 

いちゃいちゃカップルにお礼を言い、駅員さんともう一度改札へ。

ふーーー お蔭様で一日乗車券を取り戻せました。よかったぁ。

しかし、改札出るのに切符を入れる必要がないならこんな頑丈なドアつけるのやめてよ~

 

f:id:megself:20160122183905j:plain
切符入れなくてもドア開くならドア要らないじゃん

 

皆さんも旅行の際は気をつけてください …って私みたいなアホはそんなに居ないか。

 

 

さて、そんなトラブルで時間を食ってしまったが、駅からだまし絵までは歩いて数分。

一日乗車券を取り戻したので足取りも軽い。(単純)

 

おーーすごい!なかなか大規模なだまし絵!

だまし絵に溶け込んで写真を撮ったりしてきゃーきゃー。

絵の前のベンチで休んでいる人に静かに見守られながら(私は)相当満喫した。

 

f:id:megself:20160122183646j:plain
市内に数箇所あるうちのひとつ。面白かったぁ

 

さて、せっかく一日券を買ったんだし他の場所も行ってみよう!

ということで大聖堂と、その途中にある遺跡に向かうことに。

 

Lyon観光、その2へつづく

megself.hatenablog.com

 

■その他 関連記事

Marché -- Yvoire -- Evian(2) (2015.9.18) - フランス1年生。

Marché -- Yvoire -- Evian(1)(2015.9.18) - フランス1年生。

日本から友達がやって来た。 - フランス1年生。

 

広告を非表示にする