フランス1年生。

2015年6月からフランスでの赴任生活が始まりました。

やっとこさジム通い開始。

f:id:megself:20180117223918j:image

10月末にジムに入会しておきながら年明けまで一度も行かなかったという、普段の生活では考えられないくらい大胆な無駄遣いをしたのは私です。

しかも今回は「アクアジム(プールの中で運動するクラス)も、競泳プールも、ジム(各種クラスとマシン)」にフルアクセスできるようなパスにしたので結構大きな金額払ったんですよね!

だらけた心(財布)を引き締めないと!
ただ払っていた会費の元を取らないと!
ということで、年明けから必死にジム通いを始めました。
まだ一週間ですがいちおう続いています。

 

f:id:megself:20180117223940j:image 

ついでに食べ物も気を遣う風にしていますが、ワインはやめてません。

全部辞めると楽しみっこがなくなってしまいますので。

基本、食べた分は動く!っていうのが狙いです。

体動かしているとその間は頭が空っぽになるから、爽快感あります!

 

もちろんやせたら一番だけど、第一はストレス解消だし、体動かした後は気持ちがすっきりするのを実感しているので続けられそうだな~って思っています。

 

身体を鍛えると、ハートも鍛えられると信じて!がんばるぞ~

さようなら2017

f:id:megself:20171231142327j:image

 

 

気がついたら今日で2017年が終わる。大晦日だったんだなーと改めて思い出した。

今年をちょっと振り返ってみただけでも「いろいろあったなー」と思います。もしかしたら毎年同じこと言ってるかもしれないけど。

 

今年も一時帰国することができたので日本で年越しです。

といっても真っ直ぐ実家に帰っていません。元気を貰うため、帰国してからは友達に会ってました。

関東では仕事が忙しいのに時間を作ってくれた友人とご飯食べに行き、第二の故郷、鹿児島へ足を運び温泉と友人達の暖かい笑顔に迎えてもらいました。

いつも受け入れてくれる友人達に心から感謝です。

 

来年はどんな年になるのかな?

と書きましたが、「なるのか」という他力本願ではなく、積極的に作っていくことを考えなくてはいけないなと最近よく思います。

反面、どれだけ頑張っても自分でどうにかできることには限りがあることを思い知っているので…頑張りを否定されたような目に遭うと頑張る気力を失ってしまいますよね…難しいところです。

 

それでも、頑張ることはやめちゃダメだよね、と自分に言い聞かせてます。やめたらそこで終わっちゃう。でも細々とでも続けてたら次に繋がる何かがあるかもしれないから。

 

2018年も新しいことに挑戦していきたい!いつまでフランスに居られるかもわからないし…それでも最後の日まで楽しみたい。

 

2018年が素晴らしい年になりますように。皆様、良い年をお迎えください。

 

大雪のドイツ出張。

 

f:id:megself:20171211071506j:image

 

今回は車での移動を決めたのだが、まさかこんな天候になるなんて想像してなかった。

金曜夕方から雪が降り始め、結局、日曜まで降り続いた。

私は日曜朝に出発するつもりがモタモタして結局11amに出発した。(忘れ物をして戻った)

アパートを出たときから雪が降っていたので、当然ながら道中はずーっと雪。ところどころ本気で積もっていたので渋滞もひどいし、事故もいくつか見かけた。

日曜19時半に日本から合流する出張者をPick-upしなければいけない。通常なら余裕なのだが、ここまで雪が降っていると思ったペースで進めない。結局、空港まで約550kmの道のりを7.5hかけて移動した。

途中はトイレ休憩を1度取っただけ。。

雪って気を遣うから疲れるんですよね…

 

しかも、迎えに着いたときには該当フライトが欠航になっていた!

 

私は良いのですが、その出張者はそんなに英語が話せないし、天気が悪いためか携帯の電波も悪く会話にならない…そうこうしているうちに出張者の携帯の電池が切れてしまった!
結局、空港で手配して貰ったホテルに入ったのは深夜0:30頃だった様子…翌日はまた早起きして空港へ向かい、代替フライトの手続き等が必要らしい…

ミュンヘン空港では殆どのフライトがキャンセルになった影響で翌朝も大混乱。結局、振替は諦め、電車で移動してくることに。(一旦は自腹立替。別途Webで返金手続き対応が必要)

到着する14:30にStuttgart駅へ迎えに行くと「荷物を受け取れなかったんです…」とのこと。

あわてて明日の会議のための服を買いに行く。もうバタバタ。

 

でもなんとかDinnerの約束(正しくはDinner前にChristmas Market散策の約束)に間に合った…

 

結局、この週の天気は安定せず、滞在中は殆ど雨。

いや~大変でした。。。

 

Christmas Marketの話は別で書きます。

ブダペストの宿、レダアパートメンツ。

ブダペストで利用したのはレダ アパートメンツです。
毎度ながらBooking.com利用です。

 

空港からのアクセスも観光するにも良い場所でした。

空港から来るときはE200バス→メトロM3利用(Deák Ferenc ter駅)、350Ft(ざっくり1.1ユーロ)という激安ルートを利用。
空港へ行く際は直行のシャトルバスをDeák Ferenc terから利用しました。(900Ft、ざっくり3ユーロ)
市内の殆どでユーロまたはクレジットカードを利用できますが、公共交通機関はHUF現金のみ、もしくは事前に駅の自販機で発券しておく必要がありますので注意してください。私は帰りのシャトルバス乗車時に現金持ち合わせがなく、泣きたくなるほど走って地下鉄の駅までダッシュで行って(もちろん荷物持って)ギリ間に合ったという…

ながなが並んでるときにそういうアナウンスしてくれればいいのに…
(私以外にもダッシュした人がいました。仲間♪)

 

このアパートの良いところは事務所(チェックイン/チェックアウト対応)が同建物内にあることです。今まで利用したアパートにはそれがないことが多く、荷物を預かってもらう際に融通が利かなかったり、チェックイン時に到着を知らせるため電話等で連絡を取る必要があったりします。

ここはチェックインの時に荷物を事務所に持って行けば預かってもらえます。
これはとっても便利。

ただ、最初は建物の入り口がわかりにくく苦労しました。(アパートという表示が特にない)

なお、ここでの支払いはユーロでもOKですがチェックイン時に現金支払いが必要ですのでお金の準備をお忘れなく!

部屋の中をご紹介。私は1人用の小さな部屋を借りました。
ベッド周り、ソファーは特に撮影していません。ごめんなさい。

部屋の中にはフル装備のキッチンもきちんとありました。(食洗機も)

f:id:megself:20171204070158j:image

 

見た目、少々古さを感じますが、バスタブもありますし、全体的に広い作りです。
シャンプー等のアメニティはありません。ヨーロッパでは良くあることですね。

f:id:megself:20171204070227j:image
 
 
 洗濯機、ドライヤー、アイロンがありました。
(アイロン台と洗剤がなかったけど…)←多分事務所に言えばいいんだろうけど使わないので放置
f:id:megself:20171204070305j:image
 
冒頭にも書いた通り、駅は近いし、徒歩圏内にレストランやスーパーもあります。町の中心なのに夜は静かで過ごしやすかったです。
鎖橋も歩いていけるし、近くにいくつもクリスマスマーケットがありました。
クリスマスマーケットについてはまた別でまとめてみようと思います。
実は事前にネットで調べても場所について良く判らなかったので…
 
ん?準備不足だからじゃないのかって?それは否定できません!
いつもいきあたりばっ旅ですので…
 
事前に予約したおかげで安く泊まれたし、場所も良かった。
レダ アパートメンツお勧めできます。
 
 

ブダペスト、ルダシュ温泉。(2017.12.1-3)

ブダペストは温泉で有名。
私も温泉目当てでブダペストに来たはずが…あまりの寒さに湯冷めの心配をしてしまい、ハシゴは諦め1つだけ行きました。
それがルダシュ温泉。エリザベス橋を渡ったブダ側にあります。
 
橋からはこんな風に見えます。
丘の上に誰かいますね…
f:id:megself:20171203073339j:image
温泉の入り口はこんな感じ。

f:id:megself:20171203073002j:image

テルマエバス利用の料金は3700Ftでした。
f:id:megself:20171203073240j:image
アホな私はここで残りのHUFキャッシュを全て使ってしまったんですね…
これが後々辛い目に遭うことに…
 
私の前におじいさんくらいの男性2人がいて、列が1番短く見えたのでその後ろに並んだのですが…長い!
他がどんどん回転していくのに!!
 
もちろん大先輩に文句なんてありません。ありませんよ、それが加齢によるのんびりさなら…
 
おーい!受付の女性をナンパするのやめれ!!!
 
じっちゃん…
 
料金を払うと腕につけるIC入りのバンドを渡されます。
それでゲート管理してるというハイテクさ!
そして、ロッカーの鍵もそのバンドを使います。
(ロッカーのドアについている白いところにタッチする)

f:id:megself:20171204051430j:plain


 
ロッカーは個室。これいいね!

f:id:megself:20171204051435j:plain

f:id:megself:20171204054754j:image
 
 ドライヤーもあります。
f:id:megself:20171204054841j:image
 
 
お風呂の中は撮影禁止なので写真はありませんが、中には温度が異なる5つの浴槽とサウナ、あとは狭いですが休憩室がありました。
温度は低いものは30度から始まってるくらい。寒いよ…いちばん大きな浴槽は35度だったかな?
いちばん高いのが42度でしたが、狭くて…夏は誰も入らないのかもしれないけど、冬は大賑わいでした。
 
水着で入る温泉ってちょっと不思議だけど、家族やカップルで来るのは楽しいかもね。
 
 私はしっかり温まった後、休憩室で少し落ち着いてからロッカーに戻りました。
休憩室にはプールサイドにあるようなベッドが置いてあります。
お風呂上がりに横になれるのはいいけど、湯冷めしそうだったし、ベッドも12、3くらいしかない部屋なので長居する場所ではなさそう。
スロバキアで行った温泉みたいにシーツに包まれてゆっくりするような休憩室だと良いんだけど…
 
 
 
後で気付いたのですが、中には水着のまま飲み物や軽食が買えるBarもありました。
ここでゆっくりするのも良さそうですが、私は陽が傾くと冷えると予想し、そそくさと帰りました…
日本のとは違うけど、久しぶりの温泉(硫黄泉)で癒されました…
 
 

ブダペストで気軽にフォアグラを。(2017.12.1-3)

こちらに来てからどこへ行こうか、何を食べようかと調べ出した私、でもこれは通常運転。

買い物をした先で「近くに美味しいレストランない?」と聞いてレストランに向かう。

席に座りメニューを見るとセットメニューが安い!ハンガリーといえばフォアグラ!ということで、フォアグラのソテーという文言に惹かれ頼んでみました。

貴腐ワインが名物?らしいので、甘いワインにしてみました。
f:id:megself:20171203025154j:image

まずはスターターとしてスープ。
f:id:megself:20171203024939j:image

そしてフォアグラ!
…と思ったら見えないし!!
f:id:megself:20171203024921j:image

オニオンリングをどけたら見えました。
f:id:megself:20171203025035j:image

最後はデザート。パンケーキって書いてたけどクレープだ。
f:id:megself:20171203025105j:image

ワイン 700
コース 4100
テーブルチャージ(10%) 470
トータル5280HUF
だいたい18ユーロ。

安かったから何も言いませんが、フォアグラよりオニオンリングしか記憶にないよ、お兄さん!

私が今晩行ったのは
Kék Rózsa (Blue Rose)

フォアグラ安かったけど、フランスとかスイスの方がもっと美味しいです…値段も高いけどね。

この店で食べるなら他のメニューにすればよかったなあと思いました…


やり直しのブダペスト。(2017.12.1-3)

f:id:megself:20171202071824j:image

昨年、急な出張が入り、楽しみにしていたブダペスト旅行がキャンセルになりました。
予算を最優先するために変更不可・払い戻し不可の航空券とホテルを抑え、「激安💕」と喜んでたら全てパーになり、安くないじゃん!という笑えないオチに。(全部で3万円くらいなので日本から来る旅行を考えれば許容範囲だけど、普通の生活考えたら3万円はデカイ!!)

今年は少しだけ知恵を働かせて、宿は直前までキャンセルokのものにしました。航空券は前回と同じくeasy Jet。

実は月曜戻りにするとチケットが安いのでゆっくり3泊するつもりで月曜休みを取っていたのですが、予定外の出張が入り、どうしても日曜夜には戻らなくてはいけないことになり、仕方なく2泊に変更。
航空券も帰りの分を変更(再購入)したら「最初から日曜戻りにすればよかったじゃん!」と感じる値段に。
しかしここで辞めたらもうブダペストに来ないかも…と思い、清水の舞台から飛び降りるつもりで(?)復路のチケットを買い直しました。

えー、前置きがかなり長くなりましたが、遂に念願のブダペストへ到着しましたぁ!

このところ何やかんやでお疲れなので、楽しいはずの旅行もなんだか面倒だなーとテンション低めだったのですが、重い腰を上げてきて良かったかもな。

やっぱ、気分が落ちると引きこもりがちなのですが、でかけるのは良いことだな。

今回はゆっくり過ごします。

f:id:megself:20171202055636j:image
ハンガリーのビール、なかなか


f:id:megself:20171202055706j:image
鹿肉の煮込み
美味しい…!

明日も美味しいもの食べるぞ!
元気を充電して帰るのだ!