フランス1年生。

2015年6月からフランスでの赴任生活が始まりました。

ローマにある別の国、バチカン(2日目-その2;2017/1/14(SAT))

ランチは何にしようかな~と思いながらATMを探す。見つける度にお金を下ろそうとするのだがなぜかNG。
同じ系列のATMばかりなので結果が同じなのかもしれない。やっと見つけた系列の違うATMで試すとようやく現金Get!なんなんだろう、この苦労は!

さー、落ち着いてお昼にしようと店探し。まだ時間が早いのでやっていない店のほうが多い。

外に出ているメニューを見ていたら客引きのお姉さんに捕まる。話を聞いていると22ユーロのセットメニューを15ユーロにしてくれるとのこと。おお!そらーいいね!ということで話に乗ったのだが、結局違うセットメニューにさせられた上に水1ユーロ+チップ2ユーロ強制徴収で計18.5ユーロだった。(たぶんオーナーがそんな安すぎるのダメって言い出したんだろうな)まぁ嫌だったらメニューが違う時点で出ればよかったんだけどお姉さんいい人だったし、疲れてたんですよ。他の店はまだやってないし。

f:id:megself:20170122182939j:plain
最初はラザニア

f:id:megself:20170122182952j:plain
サラダって先に出てくるんじゃないの?と思ったら次のミートボールと一緒に出てきた。

イタリアってパスタが前菜みたいなもんなんですよね。(メインは肉か魚)

のんびり食べてフリーWiFi活用させてもらって情報収集して店を出た。これでやっと色々判った感じ。(遅いよ!)

食事を終えて戻る間、最初は目を合わせないようにしていた客引き(ツアーの売り込み)に声をかけてみた。値段チェック。さっきのツアーより安いならそっちに乗ろうという魂胆でしたが、なんと50ユーロと強気な値段。こちとら既に価格チェックしてますからだまされませんよ!と心でつぶやき「ありがとう」と笑顔で立ち去る。

やっぱさっきのツアーかぁ、でもあの兄さんには頼みたくないなぁと思っていたら違う女性(さっき支払いのときにカウンターで見かけた別の?ツアーの人)に声をかけられた。彼女が私を覚えていたかは知らないが、丁寧にツアーの説明をしてくれる。

しかも「今はオフシーズンだから本当は50だけど学生と同じ46にしてあげる」とのこと!なんて素敵なオファー!ありがとうお姉さん、ありがとう故障していたATM!笑

お姉さんいい人だし、安くなったしでホント大満足!喜んで代金を支払いツアー開始を待つ。

40分後(直前にツアーが出てしまっていたので待ち時間が長くなった)、待ち合わせ場所に行くと同じステッカーを服に貼り付けた人が集まり出していた。ガイドのお兄さんによると2.5hほどのツアーになるようだ。13時開始なので終わる頃は美術館が閉まる時間と同じ頃だからちょうどいい。「美術館は広いので見所を案内しますが、ガイド(僕)がしゃべりすぎだ思ったら途中で抜けてもいいですよ。でもそのときはレシーバー(無線マイクを使って説明してくれる)を返していってくださいね」とのこと。最初は途中で抜けようかなと思っていた(美術館じっくりみたい)のだが、そうなると開場時間の都合上、礼拝堂に入れなくなるかも、と思ってあきらめた。でも最終的にはツアーと一緒に周って大満足だった。

最初に歴史的な背景から説明してくれたし、下調べ無しでやってきた私にとってはありがたい限り。

f:id:megself:20170122190629j:plain
マフラーしているお兄さんがガイドさん。大阪に1年住んでたそうです。とってもいい人でした。

説明をしていると2人、また2人と参加者が増えてくる。ツアー開始された後も客引きに紹介されて参加を決めた人が入ってくる。最終的には26人、2.5hの予定が3hのツアーだった。

美術館の中はとても広いので一日あっても時間が足りないくらい。私たちはガイドさんの案内で見所(歴史的に貴重なもの・有名なもの)を説明して貰いながら進んだ。

 

f:id:megself:20170122201858j:plain

ローマ時代の胸像は肖像画と同じ意味だったようだ(写真が無いので顔を残すための技術)。全身の彫刻は王の権力を表すためのものでもあったらしい。「顔は本人にそっくりだけど、本当はこんな腹筋じゃない。これは今で言うフォトショップ。権力者がみんながこんなかっこいい身体してたわけじゃない」という説明にはウケた。

f:id:megself:20170122192219j:plain
美術館の中は撮影OK

いつも個人旅行なので美術館内をガイドしてもらったことがない。今回はとても新鮮だった。ひとりでなんとなく周るのも悪くないけど、こういうのもいいなぁと。

 

美術館最後の見せ場はシスティーナ礼拝堂。ガイドのお兄さんは美術館ツアーの冒頭で礼拝堂の説明をしてくれた。礼拝堂の中はおしゃべり禁止だから&礼拝堂直前の通路は他のツアー客で混雑しているからだ。なお内部は撮影禁止なので絶対にしないように注意された。事実、注意してもやめない男性(一緒のツアー客ではない)が警備員に連れ出されていたのを見たのだが、彼はどうなったのかな。

ミケランジェロの突出した才能に圧倒された…本当にすごい。バチカンに来るなら事前に美術館の予約をしておくことをお勧めします。(ツアー参加もいいと思います。私は満足でした)

 

まだつづく

広告を非表示にする