フランス1年生。

2015年6月からフランスでの赴任生活が始まりました。

ミヨー橋を目指す(Viaduc de Millau, Mar 26-27, 2016)。

ミディ運河を満喫した後、この旅もう1つの目的地、ミヨー橋(Viaduc de Millau)を目指す!

 

f:id:megself:20160522023031j:plain
なんでもないような道だけど、こういうところを走るのは楽しい

 

「ミヨー橋に行ってみたいんだよね」と同僚に話したとき、「通行料が高すぎて行く気にならない」と言われたのはこの旅行記の冒頭でも書きましたが、同僚の反応に本当に驚かされたものの、フランス人らしい発言のように感じる。

私が橋の存在を知ったのはマツダのCM。雲の中を駆け抜ける車を見て「こんな幻想的な景色みてみたい!」と思ったのがきっかけ。そのときはまさかこの世界一高い橋がフランスにあるとは思ってなかったんだけどね。

 大した長さでもないのに通行料が高い!と不評らしいけど、日本にはもっと高い橋がいくつもあるからこの通行料(7ユーロくらいだったと思う)は良心的に感じる。(季節によって料金は変動)

橋が大好きな好きの私にとってここは絶対にフランス滞在中に行っておかなくちゃ!な場所(今後、フランスに旅行で来ることがあってもここまではわざわざ来ないだろう)なので、通行料が多少高くてもぜひ行きたい場所のひとつだ。

カルカッソンヌからミヨーはそんなに近くないので、今日は散策しながら移動して橋を渡るのは明日にしよう。高速道路で一気に移動してしまうのは味気ないので国道を選ぶ。

途中、景色を楽しみながらも昼食を取るためレストランをキョロキョロ探しながら運転。この町は雰囲気が良さそうだ!と寄った町がBrassacだった。

 

f:id:megself:20160522023137j:plain
町には昔ながらの石橋があっていい感じ。橋好きとしては大満足!

 

残念ながらその日町で唯一営業中のレストランは満席で、しかももう13時を過ぎていたので断られてしまった。(フランスは14時きっかりにランチタイムは終了。以後18時または19時まで店はCloseです。旅行者にはちょっと不便だけど慣れてしまえばそんなに悪くない)

仕方なく町を少し散策した後、どこかで昼食食べれたらいいなぁ、でもきっと無いだろうから夕食までお預けか~と思いながら出発。しばらく走った頃、思いがけず山の中にあるレストランを発見!

しかも駐車場には車がまだたくさんある。きっと美味しいんだろうな。それにもしかしたら食事をさせてもらえるかもしれない。

ダメモトで入店し聞いてみる。するとラッキーなことに英語を話す若いスタッフが居た上に、食事OKとのこと!

やった~嬉しい!諦めていたところで急に食べれることになりうきうき!!

 メニューを見たらこんな山奥にあるのに想定より高い。説明によると今日はイースターなので特別メニューを提供しているとのこと(コースメニューのみ)。しかしここまで来て食べないわけにも行かないし、この混み具合からすればきっと美味しいはずと期待して注文。

 

f:id:megself:20160522023236j:plain

前菜に頼んだ鴨のサラダ。メニューには確か鴨のコンフィと書いてあったと思うけど…生に見える。ちょっとおっかなびっくり食べてみたらめっちゃ美味しい!!
調べてみたらコンフィって料理法みたいですね。低い温度の油でじっくり加熱したものらしい。でもやっぱり生に見えるけども。

 

いつも思うのだが、みんな良くフルコース食べれるよなぁ~

私は前菜のサラダにこうやってお肉が乗って居るとそれだけでもうお腹一杯になっちゃいます。腹ペコだった私でさえ、メインのラムが届くまでにお腹が一杯になりそうなボリューム。

f:id:megself:20160522023308j:plain
イースターでラムを食べるのは昔羊を生贄としてささげていた名残らしいです

 

このあとデザート(スイーツ)の前にデザートチーズが出てきた。
もう本当にお腹いっぱい!!大満足を通り越す勢い。払った値段は割と立派だったがコースの内容を考えると納得。

食べ終わったときに既に15:30過ぎ。ミヨーはまだ遠い。頑張って走ろう♪

 

 

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

広告を非表示にする