読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス1年生。

2015年6月からフランスでの赴任生活が始まりました。

冷え込むシュトゥットガルト(STR)(2016.1.19)

Naviによると、ホテルから打合せ先までは約40分かかるらしい。
昨日の雪やこの気温を考えると早めに出かけなくては。余裕を見て1h以上前にチェックアウトした。

f:id:megself:20160121185221j:plain
まだ夜だよね…

 

さて出かけよう!と思ったらまんまと車が凍っていた。
しかもレンタカーには氷を取る道具は備わっていなかった。
あぁ、こんなことなら路上駐車せず素直にHotelの駐車場利用すればよかった…と後悔してももう遅い。暖房をMaxにして窓の氷が解けるのを待つしかない。外はマイナス10度。そう簡単には暖まらない。どんどん時間が過ぎていく。チョット焦る私。
素手で窓をなでてみたが効果なし。素直に待つか…

そんなこんなでどうにか会議開始20分前に到着できた。良かった良かった。
しっかし寒い。
ドイツの男性は背が高くてゴツイのに可愛いぽんぽん付きの毛糸の帽子をかぶってたりする。やっぱり寒いんだな~。
と思ったら凍結している車道を颯爽と走り抜ける自転車。寒くないのかな~笑
寒さに強いんだか、弱いんだか。

今年最初の打合せだったので、お客様をお誘いしてみんなで近くのレストランへ。
お客さんにしっかり甘えて地元の美味しい料理を食べるためにドイツ料理の説明をしてもらっちゃいました。

野菜たっぷり+ソーセージが入ったスープ。暖まるぅ~。
と~っても美味しかったのですが、携帯を車に忘れてきてしまったので写真はありません。見せられず、残念。

 ランチの後、皆さんとお別れし私は空港を目指す。
といっても、フライトは19:30なのでまだ時間がある。せっかくなので昨日に引き続きSTRの街を少しふらふらしてみることにした。いつもフライト時間ギリギリで空港に滑り込んでいる私にとって今回の出張はキセキだわ!

 

f:id:megself:20160121212659j:plain
天気はいいけど寒いよ~風が冷たい…

 

折りしもヨーロッパはセールの季節。寒いけど俄然歩き回る気になりました。
日本ではなかなか靴が見つけられないデカ足の私もこちらでは簡単に見つかるし、デザインもこちらのほうが豊富。しかも日本より安い。なんだか嬉しくなってしまいます。
思っていた以上にこちらの冬は寒い。当然のようにみんなロングブーツを履いています。私は日本ではロングブーツをあまり履いていなかった。持っていたのは1足だけ。
そんな私のブーツも愛用して5年程経過している。最近、底から冷たさが染みてくる感じになってきてしまった。ヨーロッパの冬を乗り切るために今回ぜひ1足欲しい。

f:id:megself:20160121213143j:plain
靴カバー。男性用しかないのが残念…

 

車を停めたショッピングビルをまずチェック。
といっても、店の名前を見ても何屋なのかわからないので片っ端から見ていくしかない。残念ながらこのビル内に靴屋は無かった。寒いが大通りへ捜索範囲を広げる。


結局、大通りを歩いていても靴屋は3軒くらいしかなかったがそのうちの1軒で素敵な価格の靴を発見。私にすれば冬はこれからという感じなのにすでに50% Offだなんて素晴らしすぎる。迷いに迷って2足買った。

f:id:megself:20160121213105j:plain
カジュアルだけど履き心地最高。靴底も天然ゴムだから滑りにくい!

f:id:megself:20160121213134j:plain
やっと見つけたグレーのブーツ。スーツに合わせてもいいね。

 

出張のチケットは一番安い価格帯のため、預け入れ荷物が発生すると別料金。
そうなってしまうと自腹で30ユーロも払うハメになるので正直迷った。
追加料金は払いたくないので絶対に機内持込したいけど、靴を2足も買って今回の出張Bagに入るのか?と。
(答えは簡単。悩むまでもなく入りません)

よし最悪は今履いている靴を空港で捨てよう!と覚悟し購入。2足とも本革、ドイツブランド、合計で約120ユーロ。

多分、私のようなデカ足女性はヨーロッパで靴を買った方が安くて良いのが買えるね。
日本ではいつも「このデザインで一番大きいサイズは何cmまでありますか?」なんて言わされる(恥ずかしめを受ける)。そんな私でもこちらでは選び放題。ふふふ。素敵な買い物ができた。

意気揚々と車へ戻る。そろそろ空港に向かわなくちゃね。
車を停めたショッピングビル内の旅行Bag屋で迷いに迷って小さいキャスターバッグを購入。40% Offだったとはいえ、こういう類のものは焦って買うと失敗するから本当の本当は今回買いたくなかった(ゆっくり考えたかった)のだが、靴を買ってしまったし、今後もヨーロッパ内出張時には小さな飛行機でも機内持ち込みOKなBagが必要…思い切って買った。イタリアブランド、120ユーロ。


f:id:megself:20160121214640j:plain
帰り道に見つけた1ユーロショップ。

 

なんだか今回は思いがけず時間ができたのでかなり幸せな出張でした。
今後、こんな機会はなかなか無いだろうな。
それにしても明日からは足元あったか生活だ!それが1番嬉しい。

広告を非表示にする