フランス1年生。

2015年6月からフランスでの赴任生活が始まりました。

ミュンヘン(MUC)で途中下車、その1。(2016.01.18)

早起きが大嫌いな私が、朝4時起きで6:20分発ミュンヘン行のフライトへ搭乗。

今回の出張の最終目的地ではないのですが、ミュンヘンへ立ち寄りました。
…というのも、昨年10月半ばに弊社のCEOが来訪時にホテルに忘れ物をしてしまったのが事の発端。


忘れ物はすぐに見つかり、こちらの費用負担でフランス宛(私が執務している事務所)に発送してもらったのですが、待てど暮らせど届かない…
原因は住所連絡時に会社名を伝えるのがうまく出来なかったこと。
私のミスといえばその通りなのですが、住所に会社があるんだし、毎日何かしら届けに来るんだから「ここにこの人居る?」って聞いてくれよ!と思うのだが、そんな親切なこと、フランスの郵便局はしません。(電話番号があっても電話もしないそうです)
こちらから「届かないけどどうなってるの?」と確認しても知らんと言われたりで、なかなか辛い状況が続き、諦めたくなったのですが何せCEOの忘れ物。簡単にギブアップできません。

フランス人の同僚も途中からあからさまに面倒くさい様子を見せ始めたのですが、なんとかお願いして一緒に郵便局まで足を運んだら…
なんと!その荷物はとっくにドイツに返送されたという。。。

どういうことなの?
経路を確認すると、ドイツを出てフランスに到着するまで約1ヶ月。しかし、Office最寄の郵便局にその荷物があったのはたったの2日。なぜ確認もせずに返送するの?連絡くらいしてよ!

フランスから送り主宛に返送されたのが11月20日だという。それが判ったのは12月9日。
フランスに届くまで1ヶ月かかったなら、逆算すればあと1-2週間でドイツに届く頃かも、と思いホテルにメール。
「発送してもらった荷物が住所の不備で返送されてしまいました。
 お手数ですが、そちらに届いたら一報ください」

了解!みたいな調子の良いメールが届いたが、クリスマスをはさんで年が明けても音沙汰なし…
仕方ないので電話。「じゃあ調べて電話するよ」と言ってくれたが音沙汰なし。
忘れ物をした人(うちのCEO)が悪いんだけど、本当にイヤになってくる。
今回、ドイツへの出張があったため、そのブツを自分で引き取ろうと経由地をミュンヘンにしたのだが、結局、荷物はまだホテルに届いていないとのこと…

むむむ。どうなっているんだろうか。11月にフランスから返送されてもう2ヶ月…どこにいってしまったんだろうか…

継続調査をお願いし、ぽっかり空いた時間を利用して「仕方なく」観光することに決めた。笑

出張で来ることはあっても観光なんてすることがないので、こんな素敵なご褒美は初めて。忘れ物してくれてありがとうCEO!笑
せっかく時間が空いたのにどこに行けばいいのかもさっぱり判らない。調べたらホテルから少し移動したところに観光スポットがあるようだ。

電車で空港までの所用時間(約1h)や、セキュリティー通過の時間も考えてもフライトまで2hふらふらしても大丈夫みたい。

ということで、「Munich Residence」に行ってみることにした。

 

f:id:megself:20160121010638j:plain

すごい!すごすぎるよ!!ヨーロッパは作りが豪勢。お金持ちだなぁ~日本のお城も全部きちんと残ってたらこんなに豪勢なのかな?(頭の中では最近ネットで初めて見たベルサイユのばらのオープニング曲がBGMとして流れている)

 音声ガイド(無料、でも私が判りそうなのは英語だけ)を聞きながら見学していたが、途中でこのままのペースでは終わらないことに気が付いた。諦めて駆け足で歩き回る。説明なくても充分楽しめる。

ふー。見ごたえありすぎ。
また機会があったら来てもいいなぁと思いながら電車乗り場(Uバーン)へ向かう。

 

ミュンヘンで途中下車、その2」へつづく

megself.hatenablog.com

広告を非表示にする