読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス1年生。

2015年6月からフランスでの赴任生活が始まりました。

ローマ空港(FCO)から市内(Termini駅)へ;1日目-2017/1/13(FRI)

f:id:megself:20170122203316j:plain
イタリアンワインもフランスに負けず劣らずおいしい!

ローマ/フィウミチーノ空港(FCO)へはジュネーブ/コアントラン空港(GVA)からeasyjet直行便を利用。昨年夏に予約したので確か往復で1.0-1.5万円だった気がする。
(…値段は覚えていません。昨日のことも覚えてないので…)

 

仕事を終えてから空港へ!オフィスからは15-20分くらいで到着できる距離。週末の旅行ってわくわくするね!気分があがってきました。

  

同僚からの勧めもあり、早めにGVA空港へ行って本当に良かった。
ジュネーブ空港は時々保安検査場が恐ろしく混む。金曜のせいもあり、今日は激混み。ここまで混んでいるのは見たことがない。結局、横入りする人を何人も見つけてちょっといらいらしながらも40-50分並んでやっとすり抜けた…余裕ぶっこいて来なくて良かった。日本とはちゃいますね~

 

easyjetに限らず、EU内のフライトは手荷物を預けるとお金を取られるので持ち込みOKサイズギリギリの大きさを殆どの人が機内に持ち込む。私も持ち込み。そのため搭乗には時間が掛かる。少し出遅れると荷物を入れる場所を見つけるのが大変。

そのため、早くからゲート前に列ができる。私も早めに並んだ。…でもまず最初のアナウンスがフランス語なので何を言われているのかわからない。そうしているうちに追い越されたりする(要は割り込みされる)んだよね…
意外とどこの国も一緒で自分だけ得してやろうって人が居るんだなと思います。ヨーロッパは紳士・淑女の国だと思っていたのでこちらに来て直ぐのころは結構びっくりでした。私も随分慣れましたが…(今となればいつものこと)

搭乗までの戦いを乗り越え、席に着いて一安心。窓際だったのですが離陸前から寝てしまいました。笑   夜景、殆ど見てません。
(ちなみにeasyjetの機内サービスは有料なので、搭乗前にセキュリティエリア内で購入して持ち込むしかありません。(GVAは高いから嫌なんだけど…))

 

そうこうしているうちにFCO到着。ホテルはテルミニ駅から歩いて直ぐなので行きは空港バスを利用してみることにした。理由はなんと言ってもその安さ。バス会社に寄るが、料金は片道4-6ユーロ。私が利用したバスは5ユーロ。
バスの出発時間ちょい前頃になってスタッフが一人乗り場にやってきた。でも何も言うわけでもない、というより誰か友達と電話してる(良くある風景)。その後、ようやくバスがやってきた。このあたりはおおらかというかなんというか。でも冬の夜は寒いんですってば!早く来てくれれば良いのに!荷物は自分で荷物入れその後列へ戻る。料金は乗車の際にそのお姉さんに支払う。券とかそういうのは一切無し。
バスは思ったほど混雑せず、隣は空席のまま出発。おかげでのんびり1hバスの旅。

到着した場所はテルミニ駅の裏側?なのかな。時間も遅いのでなんだか寂しい場所に到着した印象。でも不安を見せると人が寄ってくるので毅然とした態度で「さも知ってます」風に歩き出す。…ただみんなと同じほうに歩いてるだけなんだけども。笑
(バスを降りて直ぐに携帯で地図チェックしたら危ないからやめました。まずは安心できそうな場所へ向かおう)
実際、タクシーの客引きが多かった。駅正面あたりに出たところでホテルの場所確認。あとは頭に入れて歩いた。

今回のホテルはチケットと同じく夏に予約を済ませていたのでローマのテルミニ駅から歩いてすぐなのに、なんと2泊で99ユーロ(税込、朝食なし)。
部屋は期待していなかったのに天井も広いし、暖房もちゃんと利いていていい感じ!

チェックインを終えたらもう22:30。夕食食べるのやめて寝ようかとも思ったのですがイタリアでの食事を1回減らしてしまうのが惜しくて近くのレストランへ行ってみることに。

f:id:megself:20170122184229j:plain
Hotelに到着するとレトロなエレベーターがおでむかえ

 

f:id:megself:20170122154534j:plain
広くて洒落た部屋。居心地良かったなぁ

 

つづく

 

金曜日の仕事を終えてからローマ!(2017/1/13-15 ローマ旅行:予告)

f:id:megself:20170116214127j:plain
ごらんあれがローマ空港近くの夜景だよ

 

2017年初の旅行はローマ!
金曜日に仕事を終えてから週末を利用したShort Trip!

日本から同じ日数で旅行する場合はグアムやソウルあたりが旅行先になりますかね。

今回は昨年8月に既に計画していたローマ旅行!
正直、年末年始に日本でインフルエンザになったり、その前から体調不良が続いていたので体力がなく、旅行とか行ってる場合じゃないよね…とうっすら思いつつでかけました。(なんて後ろ向きな…)


これをやめたら3連敗になっちゃうし。。

What's 3連敗?

説明しよう!それは…

1) 10月に計画していたバルセロナ旅行は日本から戻ってきて空港で荷物を持ち上げたときのぎっくり腰になり、キャンセル(旅費全てパー)
  あぁ、サグラダファミリア入場券を事前に買うんじゃなかった…

2) 12月に計画していたブタペスト旅行は出張と重なりキャンセル(旅費全てパー)
  クリスマスマーケットと温泉を楽しみにしていたのに!!

ここでもしローマがだめになると3連敗でした。その合計被害額は ピー です。

だからこそ疲れているなーというぼんやりした理由でキャンセルしている場合ではありません!

しかし、年末に寝込んでいたこともあり、ローマ旅行については本当に本当にまったく調べもしていませんでした。8月にフライトとホテルを確保したのみです。

ま、小さい街だし、2日あれば楽勝だろう!と思っていた私が馬鹿でした。
ガイドブックは毎回持たずに(買ってないので見ても居ません)出かけていますが
ローマほど下調べが必要だった町はないかもしれません。

そしてローマに気合を入れて旅行にやってくる全ての旅行者に謝ります。
私は驕っていました。だって

…みどころが多すぎるんです!

2日で周るには周到な計画が必要だったんです。

 

さて、どんな旅行だったのかは記憶の新しいうちに書きたいと思っています。

2017年になってしまいました。

f:id:megself:20170116213152j:plain
昨年10月にオフィス近くを散歩したときの写真です

 

あけましておめでとうございます。

こんなに更新しないBlogでもちょこちょこ覗いてくださっている方もいらっしゃるようで大変ありがたいやら申し訳ないやら。

今年はもう少しちゃんと更新したいと思っています!
気が向いたら覗きに来てください。

ネタはあるんですよ、いつも「これ面白いから書こう!」って思うのになかなか…

 

去年はちょっとがんばり過ぎて余裕がなかったんだなと反省です。
事実、後半は本当にくたびれていて、週末はどちらも寝たきり当たり前でした。
しかも体調悪い中、時差がある中、仕事をがんばったのですが報われない(つらい目にあっただけ)という良くある話?も体験しウンザリしたというのも正直なところ。

 

こんなことではイカーン!自分がかわいそうだ~!ワークライフバランス
ということでフランス人の一生懸命遊ぶ様子に倣って今年の私は

 

「自分に優しく」「自分を大切に」「がんばり過ぎない」

 

をモットーに過ごしたいと思っています。

 年末に体調を思いっきり崩したのが私をそういう決意に向かわせたんだろうな…

 のんびり人生を楽しみます。それを学ぶためのフランス赴任です!仕事を一生懸命やるためではない!そうにちがいない!

ドイツ出張、番外編(切符は使う前に日付を入れよう)。

シュトゥットガルト空港(STR)に到着して、空港内にあるTourist Informationへ。

観光する前にホテルに荷物を預けたいと思い、電車で移動するため。
ネットで調べてS-Bahnで一駅だということは知っていたが念のために確認。

色々会話した結果、ホテルに行くだけなら自動券売機で一駅分のチケットを買うのが一番安いそうだが、町の中心へ行く予定があるなら1日乗車券が安いとのこと。

1日乗車券はここで購入できるが、使う前にスタンプを押すようにと言われた。

ドイツの人は英語が本当に堪能だ。お礼を言ってホームへ向かう。

 

f:id:megself:20160904045304j:plain

ちなみにこれが券売機。
駅によるけど券売機の横かホームへ向かう階段、ホームにもオレンジの印字機(今日使いますよという意味でスタンプを押す機械)がある。

私は空港のInfomationで買ったので駅のホームまでオレンジの機械を目にすることはなかった。
さて、言われたとおり印字しようとして何度もTryしたがうまくいかない。
自分が乗りたい電車はもうホームに居るのに!
横を通りかかったお兄さんに声を掛けると「普通はすぐぱちんとやるんだけどね…壊れてるのかな。ホームのほかの場所にこの機械あるか知らないしな~」とのこと。

多分あるんだろうけど、そんなことしてたら乗り遅れるので諦めて電車に飛び乗った。

お蔭様で次の駅で下車したときまで検札をされずに済んだけど、もし見つかると罰金(60ユーロ)なのでチョットドキドキだった。
(事情は説明するつもりだけど…)

 

 

f:id:megself:20160904045247j:plain

降りた駅のホームで印字。写真の通りしっかり今日の日付が入った。これでOK。

結局、今回の出張中に何度も電車を利用したけど一度も検札に会わなかった。まぁ使った分払うのは当たり前のことなので勿体無いとは思わないけど、日本みたいに改札がないし、検札も毎回ではないので、そう思う人もいるだろうなと。

私は60ユーロ払いたくないのでちゃんと切符買いますよっ♪

 

ドイツ出張、シュトゥットガルト観光(8/29)-3

さて、ドイツのワイン祭りでお腹も満たされたことですので落ち着いて美しいものを鑑賞です。

 

シュトゥットガルト州立美術館を目指す。

f:id:megself:20160904042846j:plain

いつもヨーロッパで感心させられるのが芸術が身近だということ。
大きな有名美術館じゃなくても、有名な画家の絵をいつでも(常設展で)見られるし、入場料も日本と比べて格段に安い。

今回は1日乗車券を買っていたので割引してくれて6ユーロだった。
こういう旅行者向けの割引サービスがあるのも嬉しい。

閉館の18時まであと3hある。良かった。それなりにゆっくり見れそうだ。

…と思っていたが、実際は途中で椅子に座ることもなく歩き続けてやっと全部周れた感じ。やっぱりこちらの美術館はすごい。チョット気に入った絵のところで立ち止まって居るとあっという間に時間が経ってしまう。

 

f:id:megself:20160904043512j:plain

f:id:megself:20160904043725j:plain

f:id:megself:20160904043733j:plain

 

展示物を撮影してもOKという懐の深さ。撮影して帰ってこれらの写真をみせたときに「あぁ、これはあの人の作品ね、これはあの人で…」と殆ど全て作者を理解している同僚にまたびっくり。そのくらい芸術が身近ということなんだろうね…

 

私は歴史に疎いけど、その絵が描かれた歴史的背景等を理解しながら鑑賞すればもっと楽しいだろうなと思う。絵の横に張られている作者の紹介や短い紹介文もできるだけ読んだがドイツ語か英語表示なので日本語ほどすっと入って来ないところが悲しい。

 

広い館内で他の客とポジション取りでモメる?事もなく鑑賞できるので、とっても楽しい。一日中いてもいいくらいだなー。

 

つづく

 

 

 

 

ドイツ出張、シュトゥットガルト観光(8/29)-2

ドイツ出張でのお話、その2。

前回は駅にある塔のてっぺんにのぼりました。

 

シュトゥットガルト駅を出て町の中心を目指す。
観光案内所で教えてもらったレストランに向けてGo!

お腹が空いていたし、もう13時を過ぎていたので早くレストランに入らないと!と少し焦っていた。というのもフランスでは14時きっかりに店を閉めてしまうので13時過ぎの新規客は時折断られるから…

うーん、働く側にはいいかもしれないけど、、ね。。
ちなみに観光案内所も12-14時はCloseしているのが殆どです。皆さん交代で昼食をとるなんていう考えはなく、全員同じ時間にお腹が減るんだからみんなでランチ食べるよってことなんでしょうね。笑

さて、宮殿広場(Schlossplatz)の奥にあるカールスプラッツ(Karltsplatz)へ到着してみるとそこはワイン祭りの真っ最中!

 

f:id:megself:20160904040456j:plain

 

す、すごい。

誰もビールを飲んでいない。ドイツなのに。こんなに人が大勢いるのに。

蛇口をひねるとビールが出てくるかのよーな印象さえあるドイツなのに…

ということで、ビールを諦め、にぎわっている店に席を取り白ワインを頼んだ。暑い日はアペリティフに白ワインっていいね。(かぶれてきている)

ランチメニューはお隣のマダムの真似をして注文。

f:id:megself:20160904035731j:plain

ソーセージにジャガイモ。ドイツー!って感じですね。9.5ユーロ。
ちなみに、ワインはスーベニョンだったかな?7.5ユーロ。

なかなか美味しかったのですが、まだワインが残っているタイミングでゲリラ豪雨!!

テラス席とはいえ、大きなパラソルの下に居たので良かったものの、雨は一向に止む気配がない。覚えてないけど30分は優にゲリラってたと思う。

 

f:id:megself:20160904040821j:plain
木陰で雨を避けつつ、ワインを楽しむ奥様達

 

えーー。18時までしかやってない美術館に行きたいと思ってたのに~。
(美術館を見て周るには最低2hは掛かると思うので早めに入りたい)

本当に突然の雨だったので、豪雨の中を諦めたように傘もささずに歩く人や、余り役に立っていない折り畳み傘で先を急ぐ人も。私はそんな人を眺めながらひたすら待つ。

やっと晴れたと思うとまた土砂降りになるのでなかなか席を立てないでいたら、さすがに私の座っている席も雨が入ってくるようになってきた。(左側半身とお尻が濡れてるよ)

f:id:megself:20160904040721j:plain
晴れてるときは大人気だった着ぐるみ君…

 

やっと陽がさしてきた…これなら大丈夫だろう!と店を飛び出し美術館へ向かう。

f:id:megself:20160904042519j:plain

 

 

歩き出すと左半身の冷たさが気になりだした。そっちに気をとられていたら水溜りにハマってしまった。

…でも、もう、いっか。

 

つづく

人種差別疑惑、その後。

先日、「これってもしかして人種差別?」と感じる出来事があったことを書きました。

その後の話です。


職場で「ちょっとした話」のつもりでその時の出来事を同僚に話したところ、

「なにそれ!そんなひどい話聞いたことない。そのウェイトレスはフランス人なの?」

「何て名前のホテルだ?私が苦情の電話してやる!」と

まるで自分のことのように怒ってくれて…

嬉しいけど、正直、えええっ!こんな大事になるなんて!とちょっと困惑。

そりゃムカつくよね!という反応で終わりかと思ってたのでびっくり。

最終的にはホテルにメールを送ってくれました。大人な文面で…

 

「ボンジュール、

昨日夕方17-18時頃、フランスに住む日本人の同僚がホテルのテラスへ行きました。残念ながら彼女は飲み物を手に入れることができませんでした。

あなたのホテルでは過去にアジア人とトラブルがあったのでしょうか?彼女はウェイトレスとのコンタクトに成功しませんでした。

Péruges訪問は私たちが勧めたので、今回のことに私たちも心を痛めています。このようなことがあるとフランスに対する印象が悪くなるのではないかと懸念しています。」

 

すると、ホテルのスタッフと思われる男性から1h以内に返信があり…

 

「ボンジュール マダム、

当ホテルのスタッフはとても教育されており、これまでそのようなトラブルはありませんでした。恐らくその時間は混んでいて彼女も疲れていたのでしょう。」

 

同僚たちはこのメールを読んでまた怒り出しフランス語で話し出しました。

 

私は「でもオフィシャルな返事ってこんなもんでしょ?全然理由になってないけどこんな程度だと思ってた」というと「そうかもしれないけど、結局一切謝罪がないなんて信じられない。自分が次回行ったら文句言ってやる!」とまだまだ怒り心頭。

「Pérugesにもう一度行く気はあるか?」と聞かれたので「わかんないけど、もういかないかな」と答えると

 

「私の同僚はもう二度とPéruges に行かないと言っている」

と言う一文だけ最後に送ったようだ。

 

f:id:megself:20160903034256j:image

テラス席からこーゆー写真を撮りつつコンタクトを試みつつ待ってた健気な私…。無視されてると気付くまで時間がかかりました。苦笑

 

他の友人(フランス人)にこのことを話すと

「彼女(同僚)は良いことをした。この様な不愉快なことが起きた時はちゃんと本人に伝えるべきだから。ホテルは改善する機会を得たのだ」

そういう考え方、日本人はしない人の方が多い気がしますね。

 

ということで、せっかくなのでトリップアドバイザーに私も投稿しました。

日本語と英語の両方で。

 

よく見たら私以外にもサイテーって書いてた人、居ました。

 

ちゃんと教育されてるっていうだけあって他の人にも私と同じ不愉快な気持ちを抱かせる安定感があるんでしょうね。(きゃーこわーい、イヤミ!)

とにかく、私は万一Péruges へ行ったとしてもあのホテルだけは絶対いきません。